痩身エステの食事指導と変わった味覚

大人になると食事管理は本人次第ですから、つい好きなものばかり食べてしまいます。仕事をしての一人暮らしは、簡単で安くておいしいものを選びやすく、野菜や手をかけた料理などはほとんどしなくなっていました。炭水化物が多くなり、油ものやお総菜に菓子パンなど糖質も油も、小麦食品も多く、これで太らないわけがありません。増えた体重を元に戻すため東京の美容皮膚科の脂肪 溶解注射と迷い結局エステで痩身エステを受けることにしました。その時の食事指導として、最初の2週間は完全に炭水化物を抜きました。白米も麺類にパンも毎日たくさん食べていたため、炭水化物ナシはかなりつらく、砂糖たっぷりのお菓子も禁止です。好きなものが食べられないストレスは感じていましたが、2週間の炭水化物抜きとエステ通いはサイズダウンに効果的でした。その間食べたのは新鮮な野菜をたっぷり、きのこや海藻類に魚介類、油は亜麻仁油などの非加熱で摂取できるもの、ほとんど化学調味料も使いませんでした。飲み物は水か白湯だけで過ごしたのですが、味覚がすっかり変わってお菓子も炭水化物も強く求めなくなりましたし、体重は緩やかに減るしで良いことばかりです。

Comments are closed.